着床しやすくするコトや食べ物 老化防止と身体機能正常化 卵子の老化原因と対策 サプリメント

40代の不妊治療 3つの成功のカギ

投稿日:2015年6月23日 更新日:

40代の高齢不妊治療の統計をみると、
2人目ではなく、1人目の赤ちゃんを望んでいる
という傾向が強いことが分かりました。

そんな40代の不妊治療成功のカギは ずばり、
卵子の質、着床環境の改善、女性ホルモンを増やす

これが高齢不妊治療の成功のカギです。

 

まず、卵子の【について
スポットをあててみたいと思います。

なんと90%以上の高齢不妊治療者が
卵子・精子に問題があるとデータに出ています。

そして更に

35歳以上の高齢不妊の80%が“原因不明”なのですが、
その中で90%以上の人が、卵子や精子の質が悪い
とありました。

この卵子と精子の質は何かというと、
ミトコンドリアの質です。

以前の記事にも、卵子とミトコンドリアの関係は
述べているので割愛しますが、ミトコンドリアを
若返らせれば、イコール 卵子と精子が若返る
いうことになります。

以前、ミトコンドリアを活性化させる
プレグル(ミネラルES46)と、
若々しさを保つホルモンといわれるDHEA
を紹介しましたが、

今は イースタティックミネラル 
注目を浴びていますね。

直接ミトコンドリアに働きかけて、
卵子や精子を若返らせます。 💡 

 

「DHEA」と「イースタティックミネラル」の違い

 例えば40才から摂取し始めた場合、

DHEAは老化をさせない効果(卵子年齢40才をキープ)に対し、
イースタティックミネラルは摂り続けることで
卵子年齢を39歳、38歳と若返らせてくれます。

またDHEAはステロイドホルモンですが、
イースタティックミネラルはホルモンではなく
イオン化ミネラルです。

副作用がないので安心です^^

 

あと、DHEAは日本では医薬品となっているので、
商品化ができません。ですのでDHEAは全て海外製です。

その点、イースタティックミネラルは日本国内で
日本人の体質に合わせた安全性の高い高規格・高精製で
製造されています。原材料も日本製となっています。

このイースタティックミネラル配合商品が >>コチラ
「ミトコア300mg」です。

 

イースタティックミネラル配合「ミトコア300mg」の効果

 ミトコンドリアに働きかけるイースタティックミネラルの
他に、ジオスゲニン配糖体もミトコアには配合されています。

DHEAの代替成分として注目を浴びているこの
ジオスゲニン配糖体は、ホルモンバランスを
改善してくれる山芋の成分でもあります。

さらに、着床しやすくしてくれる
吸収力に優れてるアグリゴン型イソフラボンも配合。

厚いふかふかの子宮内膜を作ってくれます。

直接 卵子や精子の細胞に働きかけて若返らせる
効果のあるサプリメントは、現在は他にないので、
高い価格がちょっとツライところではありますね。。。

実際に試した方の話ですと、
約3ヶ月~半年ほどで妊娠した という場合が多いようです。

 

「プレグル」と「ミトコア300mg」の違い

では、

プレグルとミトコア300mgの違いは といいますと、

有効成分が違う、ということだけでしょうか。
どちらもミトコンドリアを活発化して、
卵子と精子の質を向上させてくれますので、
お好きな方で試してみるのが良いかと思います。

ミトコプラス (旧:プレグル)の方は、女性用と男性用があるのに対し、
ミトコア300mgは男女兼用です。

値段は少しミトコア300mgの方が安いです。 

 

もし、私が妊活中にこれらのサプリと出会っていたら、
まずは、値段が少しでも安いミトコアを試していたかもしれません。

ですが、ミトコアにはイソフラボンが入っていますので
豆乳が合わない私は、ちょっと ひっかかる点でもありますが。
(コチラの記事(真ん中)のエストロゲンを増やす食べ物で触れています^^;)

私のように豆乳が合わない方は、少し考慮してみてください。

 




 

40代不妊治療成功のカギの3つのうち、
今回は「卵子の質」に注目してみました。

残り2つのカギは、下記を参照ください。

「着床環境の改善」↓
着床しやすくするコトや食べ物
「女性ホルモンを増やす」↓
女性ホルモンを増やすのに欠かせない事や栄養

コチラの記事も読まれています
女性ホルモンは妊娠にどう作用する?関係を教えて

 

-着床しやすくするコトや食べ物, 老化防止と身体機能正常化, 卵子の老化原因と対策, サプリメント

Copyright© 高齢妊活。不妊から妊娠するための方法 , 2019 AllRights Reserved.