デトックス 老化防止と身体機能正常化 肥満 サプリメント

エクオールで不妊治療~ノムダスにも配合?

投稿日:2016年5月7日 更新日:

前回、妊娠するカラダ作りのためにも
腸内環境を整えることが大事だとお伝えしました。

高齢になると腸も老化し、そのため善玉菌の数が減るなどして
腸内細菌のバランス(腸内フローラ)が崩れやすくなります。

妊活のひとつとして、腸内環境を整えることは外せません。

何故か?詳しくは前回の記事へ高齢妊活のための「便秘改善」腸内環境を整えるには

そこで高齢妊娠のために必要な女性ホルモンなども一緒に摂れる
腸内環境を整えるノムダスを紹介したのですが、
今回は含有されている?という女性ホルモン→エクオールについて
お話したいと思います。※含有されているかどうかは記事最後で。

“世界一受けたい授業”でも紹介されていた「エクオール」ですが、
最近では不妊治療にも効果があると言われています。

そりゃそうだよね。 

と、個人的には思ってしまいましたが、…そうなんです。

では あらためて、エクオールとは何かというと、

大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分を、
腸内細菌が変換させてできたものが“エクオール”となります。

エクオール

「大豆イソフラボン」は高齢妊活中の方なら意識して摂っていると思いますが、
ご存知の通り、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします。

子宮内膜を厚くふかふかにしてくれるエストロゲンですが、
老化などにより卵巣機能が低下してしまうと
エストロゲン(女性ホルモン)の分泌の量が減ってしまいます。

このエストロゲンと似た働きをするのが、
大豆イソフラボンに含まれているダイゼインという成分であるということです。

そしてダイゼインよりもエストロゲンに似た働きがより優れているのが
「エクオール」となります。

更年期などの症状は、ダイゼインよりもエクオールを摂った方が
より効果が高いようです。

高齢妊活の方や、内膜が薄い方は
エクオールを積極的に摂っていただきたいものです。

ですが、エクオールは上記のとおり腸内細菌の力が必要です。
日本人ですと、自分でつくることができるのは約半分の人しかいないそうです。

大豆イソフラボンを摂っていても効果が感じられないという方は
体内で エクオールが作られていないかもしれません。。。

自分で作れているのかいないのか??

・・・それはもう検査してみないことには分かりませんよね。

管理人は検査してみました。
これから女性ホルモンは減っていく一方でしょうから、
今後の為にも大豆イソフラボンを摂るのかエクオールを摂るのか
はっきりさせようと思ったからです。

結果は、
レベル4で、エクオールをつくれる人でした(≧▽≦)♪

レベルは5まであって、レベル1、2はエクオールを作れてない人、
レベル3、4、5はエクオールを作れている人、となります。

効果の高いエクオールのサプリに飛びつく前に、
検査してみることをオススメします。
自分で作れるのなら大豆製品を摂ればいいだけですので。

ちなみに私が購入した検査キット↓
エクオール検査キット (送料無料) 大豆のお菓子プレゼント

プレゼントの大豆のお菓子(無添加)がかなり美味しかったです^^
検査の前日に、このお菓子と納豆を食べました。

検査方法は、朝一の尿をとってポストへ投函するだけです。
悩む工程は一切ありませんので安心してくださいね。

 

エクオールが作れない人は大豆イソフラボンを摂っても無駄なの?

といえば、そんなことはありません。
エクオール産生菌がいない人は、大豆イソフラボン(ダイゼイン)のまま吸収されます。

もし効果が感じられないようであれば、
エクオールのサプリに切り替えるのが良いと思います。

エクオールのサプリとしてエクエルが有名ですが、
断然オススメなのは、キレイ・デ・エクオール です。

1日に必要とされるエクオールの量は10mgです。
エクエルは4錠で10mg。
キレイ・デ・エクオールは2錠で10mg摂れます。

少ない数で済むということは、
飲むのも楽ですし、
余計な添加物も摂らなくて済む、ということにもなります。

 

でもエストロゲンの摂り過ぎは乳がんのリスクがあるんでしょ?

と思われるかもしれませんが、
エクオールにはなんと「抗エストロゲン作用」もあるんです。
エストロゲンと同じ働きを持ちながら、過剰なエストロゲンの働きを抑えるんです。

なので、乳管などにおける過剰なエストロゲンを抑えてくれるので、
逆に乳がんのリスクを下げる可能性が高いのだそうです。

 

そんなわけで、前回ご紹介したノムダスですが、
エクオールが入っているわけではなく、
エクオールをつくり出す成分(黒大豆や腸内細菌)が入っています。

自分で作れない人でも大丈夫です。
大豆からエクオールを作ってくれるのは腸内細菌です。
「エクオールを作れるか作れないか」の違いは
このエクオール産生菌と呼ばれる腸内細菌が働いているかどうかなので、
ノムダスはその腸内細菌も入っているためエクオールは作られます。

そうそう、大豆よりも黒大豆の方がイソフラボンが多く含まれていますョ。

 

-デトックス, 老化防止と身体機能正常化, 肥満, サプリメント

Copyright© 高齢妊活。不妊から妊娠するための方法 , 2019 AllRights Reserved.