VPSに接続し、MT4をダウンロードして無料EAを設置する。

VPSに接続する方法で一番手軽に使えるのが、Windowsだと「リモートデスクトップ接続」かなと思います。

私のパソコンはWindows10なので、これを前提に説明していきますね。
VPSの方は今回は「ABLENET」です。

EA(FX自動売買)で使うVPSのオススメは
EA(FX自動売買)を運用していくにはVPS(仮想専用サーバー)が必要になります。なぜならVPS上ではEAを24時間ずっと稼働させることができるからです。EAの実力を発揮させるためには24時間の稼働が必須なのよ。。 じゃあ...

では、リモートデスクトップを接続してMT4をダウンロード&インストールしていきましょう。

VPSを接続し、MT4をインストールするまで。

「スタート」→「Windowsアクセサリ」→「リモートデスクトップ接続」。

リモートデスクトップ接続の画面の左下「オプションの表示」をクリック。

「コンピューター」と「ユーザー名」を入力する画面が出るので、ABLENETから来たメールに記載されている【 WindowsServer設定情報 】の「コンピュータ」(IPアドレス)と「ユーザー名」をコピペします。

デスクトップにRDPファイルを保存しておくと、次にリモートデスクトップ接続をする時ラクです。

保存したら「接続」ボタンをクリック。
すると「このリモート接続を信頼しますか?」と聞いてきます。

「接続」をクリックしたら、ABLENETからのメールにあるAdministratorのパスワードを入力して「OK」を。

そして、最後!

「このリモートコンピューターのIDを識別できません。接続しますか?」
と聞いてくるので「はい」と答える。

これで完了です!

 

MT4をダウンロード~設置

MT4はXM口座で説明していきます。
>>XM口座開設の方法はコチラ

※VPSがお名前コムの方は、最初からMT4が入っているので下記は飛ばしてください。

まず、VPSに接続し、そこでXMの会員ページを開きます。
そのページの右上ら辺にある「プラットフォーム」をクリックして、「PC対応MT4」をクリックします。

「ダウンロード」ボタンが出てくるので、ポチっと押します。

分かりやすくデスクトップにでも保存してください。

あとはこの「xmtrading4setup.exe」をダブルクリックしてセットアップしていくだけです。

「次へ」をクリックして…

「完了」を押す。

‥と、MT4が開くので、
取引口座のログイン情報を入力していきます。

ログインIDは→口座ID(MT4のID)を入力し、
サーバーは、プルダウンから選択してください。

件名「XMTrading へようこそ」のメール内に記載されています。

これで設置が完了しました♪

 

無料EAの設置方法

特典の無料EAは、こちらのフォームより申請してください。
私の方で確認がとれ次第、「EA」をお送りします。

無料EAの設置方法

EAは.ex4ファイルです。
zipでお届けしていますので解凍してください。

こちらの「yc_PondoruK.ex4」をコピーして、
さきほどMT4を設置したVPSへ行きます。

XMTrading MT4を立ち上げ、
画面左上の「ファイル」→「データフォルダを開く」をクリック。

「MQL4」のフォルダをダブルクリックして開きます。

その中にある「Experts」を開き、

コピーしていた「yc_PondoruK.ex4」を貼り付けます。

やり方は、空白部分で右クリック→「貼り付け」です。

貼り付けたら一旦「×」で消します。
MT4も「×」で閉じます。

再び MT4を立ち上げ、
画面上の☆マークの「ナビゲーター」をクリックして表示させ、
「エキスパートアドバイザ」の中の「yc_PondoruK」を設置したいチャート上までドラッグ&ドロップします。

「yc_PondoruK」の場合は、GBPUSD 5分足のチャートに設置してください。

ドラッグ&ドロップして設置したら、「全般」のタブを開き、
自動売買を許可する
にチェックを入れてください。

パラメーターの設定をする場合は、「パラメータの入力」のタブをクリックして行ってください。

最後に、「自動売買」のボタンを押してONにします。(ペコっとへっこませる。)

右上のニコちゃんマークがニッコリしたら設置完了です☆

※名称は異なります。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました